家族や友人といった親しい間柄だからこそ、現金のやり取りで不義理をしないようにしましょう。

スピードランキング
換金率ランキング
信頼度ランキング
現金化業者一覧

家族や友人からお金を借りる

例えば、急な支払いなどの際に現金を持っていなかった場合、あなたならどうするでしょうか?

 

不用品をお持ちならリサイクルショップに行っても良いでしょうし、クレジットカードのキャッシング機能を活用しても良いかもしれません。

 

しかし、一番先に思いつくのは、やはり家族や友人からの借り入れではないでしょうか?

 

何と言っても、家族や友人からの借り入れでのメリットといえば、永久に金利0円という約束も不可能ではないということ。
しかし、万一返済が滞った場合には身近であるからこそ、トラブルになってしまう事もあります。

 

また、お金を借りる身であれば「この人から借りれば金利がかからないだろう」という姿勢を見せるのは厳禁です。
親しき仲にも礼儀あり、ということを忘れないようにしましょう。

 

「金の貸し借りはトラブルの元」となってしまわないように、家族や友人から借り入れをする時こそ、気をつけなければならない点はあります。

 

ここでは、家族や友人から借り入れをする際の注意点についてまとめておりますので、お役立ていただければと思います。

 

 

知り合いから借り入れをする時の注意点

 

返すあてのあるお金を借りる

これは常識以前の問題ではありますが、意外とお金が必要で焦っている時は忘れてしまいがちな事でもあります。

 

元々返せるあてのないお金を借りてしまうと、貸してくれた人とトラブルになってしまうのは当然の事です。
せっかく自分の事を信用してお金を貸してくれた人に対して、不義理を働いてしまわないようにしましょう。

 

可能な限りお金の使い道を明確に伝えておく

家族や友人といえども、お金を貸すに当たって目的がわからないと不安になってしまうものです。ギャンブルやお酒、法に触れる目的などであれば、ほとんどの人はお金を貸してくれないはずです。

 

自分に返済できる目処が立っていることを伝えるのと同時に、自分が借りたお金を何に使うのかを説明しておくと相手も安心してお金を貸してくれるかもしれません。

 

いつまでに返す、という返済計画を提示する

返済計画を説明するイメージ
これも常識の話ではありますが、いつまでに返済する、という約束は必ずしておきましょう。
貸した相手も、中々「金返せ!」とは言いにくいものです。
お互いにもやもやしてしまい、関係が悪化してしまう事にも繋がってしまいます。

 

もし返済が遅れてしまう場合でも、返済を約束した日付よりも前に返済が遅れてしまう旨を伝えて理由を説明し、謝罪をすることで誠意を示しましょう。
理由を示す際には、決して言い訳がましくならないように気をつけましょう。
自分に非があることを認めないと相手も穏やかではいられないでしょう。

 

返す際には手土産などのお礼を添える

感謝の気持ちを伝えることが重要
家族や友人からの借り入れの際に、金利を支払うかどうかは関係にもよるでしょうが、親しい間柄でも、何らかのお礼はしておくべきでしょう。
友人関係であれば、食事をご馳走したり、何かしらのプレゼントを贈ったりしてお礼をするのもいいかもしれません。

 

少なくともお金を貸した側は、利息やなにかしらの利益が出る条件を設定しない限り、一方的に不利益を被っていることになります。
自分に少しでも余裕があるのなら、その埋め合わせをする必要があるでしょう。

 

 

お金のトラブルに注意!

 

お金のトラブルは本当に危険で、今まで育んできた信頼関係を一瞬で壊してしまう可能性があります。
親しい間柄だからと相手に甘えすぎるのは絶対に避けましょう。

 

あなたにお金を貸してくれた人は、あなたにとってお金なんかよりよっぽど大事な存在であるはずです。

 

一時的にお金が必要なのであれば、知り合いから借りるのではなくクレジットカード現金化をする方法もあります。
実際に利用した方の事例を参考に、選択肢に加えてみるといいかもしれません。