クレジットカード現金化の際には、身分証明書は必須書類となりますがその他は特段不要です。

スピードランキング
換金率ランキング
信頼度ランキング
現金化業者一覧

必要な書類と手続き

クレジットカードさえあれば、現金を手にする事が出来る。

 

こうした謳い文句の「クレジットカード現金化」の業者をよく目にする様になってきました。
現金化とは、その名の通りクレジットカードのショッピング枠を現金に換える事が出来る、というもの。
既存のクレジットカードさえ持っていれば、新たに審査をする必要が無い気軽さから、利用者が急増している人気のサービスですね。

 

しかし、果たして本当にクレジットカード1枚のみで現金化をする事が出来るのでしょうか?
ここでは、現金化に必要な書類についてまとめてみました。

 

身分証明書はマスト?

身分証明に有効な免許証
クレジットカード現金化の際に必要なものは、

クレジットカード
銀行口座
身分証明書

の3つです。

 

1つ目のクレジットカードについてですが、これはショッピング枠が残っているものである必要があります。
ショッピング枠は、そのまま現金化の限度額となるのであらかじめ確認しておきましょう。

 

2つ目の銀行口座については、現金化したお金を振り込んでもらうために必要なものです。
銀行名・支店名・口座番号といった情報があれば振込に対応してもらえます。
しかし、銀行の種類によっては即日振込に対応していない場合もありますので注意しましょう。

 

3つ目の身分証明書は、運転免許証や保険証といったものが当てはまります。
これはクレジットカードの名義人と申込者が同一人物なのかを確認するため、顔写真つきのものが望ましいです。
(実際に顔で同一人物か確認するわけではありませんが、信頼度が高いのでその後の取引がスムーズになりやすいです。)

 

金塊宝飾品といった価値のある商品を購入して買い取ってもらう、いわゆる「買取型」を採用しているクレジットカード現金化業者では、ユーザーのニーズに応えるために先に入金を行ってくれる場合がほとんどですが、その後に商品を一度申込者の住所に郵送する必要があります。
そのため、虚偽・架空の住所だった場合や、商品が返送されない場合などのリスクを軽減するためにこうした措置は必要であるといえます。

 

リスクは軽減しよう!

 

現金化業者に身分証明書を提出する方法としては、郵送もしくはパソコンやスマートフォンからEメールで送る、といったものが挙げられます。
最近ではサイト上に画像データを直接アップロードするという方法もあるようです。
Eメールやアップロードという形をとるのであれば、身分証明書がはっきり写っているかを確認して送信するようにしないといけませんね。

 

とはいえ、大切な個人情報である身分証明書をクレジットカード現金化業者に提出してしまってもいいのでしょうか?

 

正直この類の業者に対して、初めからクリーンなイメージを持っている方はごく少数ではないかと思います。
悪質な業者だった場合、自分の身分証明書を提出するのは非常に危険だと多くの方が感じるはずです。

 

それに加えてWeb上での個人情報のやり取りは漏洩などの心配もあるかと思いますが、優良な業者であればセキュリティ対策にもしっかりと力を入れているため安心です。

 

そうした反面で、悪質な業者も一部に存在するという事実もあります。
悪質な業者に引っかからないようにリスク管理をしっかりしておきましょう。
当サイトではそうした悪質な業者を排し、皆様におすすめできる優良店だけをご紹介していきます。

 

手続きの流れ

  1. ウェブ上の申し込みフォーム、もしくは電話にて申し込みをします。(万が一に備えるため、WEBからのお申し込みをおすすめします)
  2. 本人確認書類を提出します。郵送、もしくはEメールにて身分証明書の写しを送信します。
  3. 商品の購入手続きをします。業者に指定された商品をクレジットカードで購入します。
  4. 指定した銀行口座に業者より現金が振り込まれます。

 

ここで、疑問に思われる方もいるかも知れません。

 

何故、業者から商品を購入して、再度業者に返送する形で売買するという、まどろっこしい方法を取るのか?という点です。
そこには、クレジットカード会社の規約が密接に絡んでいます。

 

カード会社の規約には「現金化を目的にする使用を禁止する」といった旨の内容が記載されていたと思います。
自身で現金化を行う場合、もしくは買取型での現金化はこうした規約に触れてしまうため、最悪の場合カードの利用が停止されるかもしれません。